アトピーの皮膚から出る黄色い汁は何?

知識

アトピーが悪化すると、皮膚から黄色い汁が出てきます。一体何者なのでしょうか。見た目が悪いし、ヌルヌルして気持ちが悪いし、異様な臭さが合ったりします。

黄色い汁の正体

黄色い汁は、滲出液(浸出液、しんしゅつえき)やリンパ液と呼ばれます。悪者ではなくどちらかと言うと味方です。

この滲出液は皮膚炎でぼろぼろになった皮膚を治そうとしているのです。

滲出液が出るのは、人間の正常な反応なのです。

また、滲出液は放っておくと固まります。これはぼろぼろになった無防備な皮膚を保護してくれているのです。

滲出液は、皮膚が炎症のために毛細血管から出てきた血液の一部です。血液から赤血球や白血球などを取り除いた液体、つまり血漿(けっしょう)です。アルブミン、グロブリン、フィブリノーゲンや、良質なタンパク質を含みます。血ではないので、赤色ではなく透明から黄色みがかった色をしているのです。

ここで注目したいのは滲出液には良質なタンパク質を含むことです。タンパク質は皮膚の材料となります。ですので、タンパク質を含む滲出液は、皮膚を治そうとしてくれるのです。

滲出液の悪いイメージが誤り

ステロイドで皮膚炎を抑えていた場合、ステロイドを塗るのを止めるとリバウンド症状としてアトピーの症状が出て滲出液が異常に出ることがあります。見た目が悪いので、皮膚が悪化したのだと思う方も多いかと思います。

滲出液が出ると、「毒素が出ている」「これまで塗ってきたステロイドを排出している」などと言われることがあります。

広告

滲出液が止まると「毒素が出きった」などとも言われます。

これは完全に誤りです。

また、黄色っぽいこともあることからか、膿と勘違いされることもありますが、これも違います。膿はもっと透明度は低く乳白色の黄色です。

上述したように、滲出液は、血液の一部なのです。

皮膚の炎症のために毛細血管から出てきます。炎症が鎮まれば滲出液は止まります。

ということで、滲出液は毒素でも膿でもないので、出し切ることや止めることは無理にする必要はありません。

滲出液は無理に拭かないこと

皮疹の症状が悪い場合は、なかなか滲出液は止まりません。滲出液が出るということは、滲出液に含まれるタンパク質が不用意に出ていってしまうことになります。すると血液中のタンパク質が異常に低い状態(低タンパク血症)となり体内の浸透圧のバランスが崩れてむくんだ状態(水腫や浮腫)になる可能性が高まってしまいます。

広告

毎日の食事でタンパク質を多めに摂るように心がけましょう。別の記事にも書きましたが1日に体重×2倍のグラムの量を摂りましょう。例えば、60kgの体重の人であれば、60×2=120g摂ることになります。

滲出液は無理に拭き取らないほうが良いです。拭き取ると物理的に皮膚に傷をつけてしまい滲出液が止まりにくくなってしまいます。また、ティッシュでは拭かないようにします。ティッシュに含まれる化学分質が刺激となって皮膚炎を起こすことがあるからです。

痒くて痒くて我慢できなくて掻いてしまうというなら仕方ありませんが・・・。痒いのに掻かないでいるほうがストレス溜まってよくありませんし。

滲出液が止まりにくい場合は、1枚だけガーゼを当てると良いです。滲出液をガーゼで固定してそのまま放置して滲出液を固めてしまうのです。逆に枚数が多くても駄目です。例えば、2,3枚あてると通気性が悪くなり滲出液が固まってくれませんのでご注意ください。

もう1つ注意したいのは、入浴でも無理に滲出液の固まりは取らないことです。無理に取ると滲出液が必要以上に出てきてしまいます。ガーゼで固めている場合も簡単にはがせるなら良いですが、無理に剥がさないことです。無理に剥がすと、ガーゼの下で成長してきた新しい皮膚も剥ぎ取ってしまうことになるので、それは止めましょう。ただ、滲出液に黄色ブドウ球菌が繁殖しやすいので滲出液の表面だけでも洗い流すと菌の増殖を防げます。

滲出液で湿っていて寒くなる

滲出液が体中で出ている時は、寒くなることがあります。滲出液で皮膚が濡れていて体内の熱が奪われるからです。
夏でも寒いことがあります。冬はもっと寒いです。

体が冷えると血行が悪くなり、皮膚に十分な栄養が届かないので皮疹が悪化してしまいます。できるだけ体は冷やさないようにしましょう。
夏でも寒いなら冷房の当たらないところに移動することや、冬で寒いならいつもより1枚多く着込むなどの工夫をすると良いです。

最後に

黄色い汁は、どちらかと言うと、味方に思います。ベトベトしたり嫌な臭がしたりしますが、ぼろぼろになった皮膚を再生してくれるのです。

私は滲出液が出ても、皮膚を治そうとしてくれるのだと良いように受け取り、拭き取ることはせずに下着はグチョグチョに濡れても気にしないようにしていました。脱ステロイドと脱保湿を続けていれば、数ヶ月間は続きますが、そのうち、皮膚から滲出液は出なくなり掻いても傷がつきにくい強い皮膚になってくれます。皮膚が良い状態になるようになにもしないのがアトピーを治す近道なのです。

コメント