ステロイドは覚せい剤と同じ?依存性と耐性がある。

脱ステロイド

ステロイドを塗ることで炎症が発症すると言われて信じられるでしょうか? しかし、これは事実なのです。今回はステロイドの依存症と耐性についてお話していきます。

ステロイド依存症は薬物依存症と似ている

本来ステロイドは、塗れば炎症を抑えてくれる優れた機能を持ちます。しかし、常用すれば、肌が持つ炎症を抑える力が弱まり、ステロイドなしでは通常の肌の状態を維持できなく炎症を引き起こします。これがステロイドに依存したアトピーです。

生まれながらのアトピーの症状とステロイドに依存した症状は似ています。ですので、よくやってしまう治療の誤りとして、ステロイドに依存した炎症であっても、ステロイドを塗ることで炎症を抑えようとするのです。ステロイドに依存した炎症を抑えるためには、より強い種類のステロイドを塗る必要があります。しかし、強い種類のステロイドを塗ると、さらに肌の持つ炎症を抑える力が弱まってしまうため、さらに強い種類のステロイドでなければ炎症を抑えられなくなってしまいます。このように、肌はステロイドに耐性を持つこともわかっています。

この依存症や耐性は、覚せい剤を使うことで起きる薬物依存症によく似ています。覚せい剤も初めは、少量で快楽が得られます。しかし、次第に覚せい剤なしでは不快となり正常ではいられなくなり離脱症状が出ます。また、少量では初めと同じレベルの快楽は得られずに、多くの覚せい剤が必要になります。覚せい剤も耐性ができるのです。

広告

このようにステロイドは肌への影響があるのに対し、覚せい剤は心への影響があります。また、ステロイドは覚せい剤と同じように依存性と耐性の両方の特徴を持つのです。

ステロイド依存症は薬物依存症と異なり治せる

薬物を断つための特効薬は現在無いとされています。薬物依存症は脳に薬物依存の下地が一生ついてしまい、治らないとも言われています。

となると、ステロイド依存症も治らないのではないかと不安になる方もいらっしゃるかと思います。しかし、薬物依存症と異なり、ステロイド依存の炎症は、ステロイドを断つことで治すことができるのです。肌本来持つ炎症を抑える力を取り戻せるからです。ステロイド依存の炎症がステロイドを断つことで治る事例はいくつもありますし、私の実体験からも言えることです。

まとめ

一度覚せい剤をやってしまうと薬物依存症に高い確率でなってしまうと言われています。私はやったことがないのでわかりませんが。同じようにステロイドも依存性があり止めると炎症が出てくるようになります。ステロイド依存症は薬物依存症とは異なり、ステロイドを使わなければ治すことができます。希望を持って脱ステロイドを継続していきましょう。

コメント