アトピー治療にプロアクティブ療法が危険な理由

ステロイド

巷にはアトピーの治療の方法にプロアクティブ療法があります。これは私としては危険なアトピーの治療法だと考えています。プロアクティブ療法とは何かをお伝えし、どこが危険で、どのように対処すればよいのかをお話します。

プロアクティブ療法とは

一般的に、皮疹が悪化したらステロイドを塗り皮疹が改善する、しばらくステロイドを塗らないと、また、皮疹が悪化したらステロイドを塗り皮疹が改善する、という繰り返しを行うと思います。並行して保湿は継続して行います。これをリアクティブ療法と言います。

リアクティブ療法では、皮疹をうまくコントロールできません。つまり、皮疹が悪化するタイミングがあるのです。

そこで、登場したのがプロアクティブ療法です。

プロアクティブ療法とは、ステロイドを塗り皮疹が改善しても皮疹が悪化しないように予防的にステロイドを塗り続けることです。並行して保湿も継続して行います。

プロアクティブ療法は、リアクティブ療法と比べると、皮疹の悪化がなく皮膚が正常な期間が長いという利点があるとされています。

しかしながら、プロアクティブ療法は、これまでのアトピーにステロイドを塗るという標準治療を推進しようとしているだけに思います。

ステロイドの耐性と依存性

ステロイドは塗れば塗るほど副作用により皮膚を薄くします。そして、塗るのを止めればリバウンドと言って以前よりもひどい皮疹となります。これまで使っていたステロイドが効かなくなるのです。そして、更に強いランクのステロイドを塗ろうとします。これをステロイドの耐性と言います。

広告

また、ステロイドを塗り続けると、皮膚はステロイドを塗らなければ正常を維持できなくなります。これをステロイドの依存性と言います。

広告

プロアクティブ療法というステロイドを塗り続けるのはアトピーを長引かせるだけです。また、重量のアトピーの人が増えるだけです。

プロアクティブ療法をいくら実施してもアトピーが治ることを期待できません。

プロアクティブ療法が推進される理由

私はプロアクティブ療法を皮膚科学会が推奨している理由が2つあると考えています。

1つは、ステロイドの副作用を認めていないことです。偉い大学の教授がアトピーにステロイドを塗るんだと言うものだから、副作用がでているという報告があっても、覆されないのです。また、皮膚科の教科書にもアトピーにステロイドを塗ると書かれているから若手の皮膚科の医師もステロイドを塗ることが当たり前で疑問に思わないのです。

もう1つは、ステロイドは他のアトピーの薬に比べて高価で患者に売れば儲かるのです。

これらのことから、プロアクティブ療法は推奨されると考えるのです。

しかし、現実は違います。別の記事にも書きましたが厚生労働省はステロイドに副作用があることを認めています。認めていないのは、日本皮膚科学会だけです。

最後に

上述したように、ステロイドを塗ってもアトピーが治らないのは明らかです。治ったと見えてもそれは皮膚の炎症を一時的に抑えただけです。根本的に直したいのなら、脱ステロイドと脱保湿を実施しましょう。

コメント