アトピー改善の食事にタンパク質は必須なのか!?

食事

アトピーに効く食事はさまざまだけれど一体何に気をつければよいの? という疑問が出てきますよね。

五大栄養素をバランスよく摂ろう

中学校の家庭科でも出てきた五大栄養素である炭水化物、脂質、タンパク質、ビタミン、ミネラルの5要素をバランスよく取ることが肌の改善に役立ちます。なぜかと言うと、人間の体はその5要素がバランスよく組み合わさってできているからです。

アトピーの場合、よく言われるのが、昔ながらの素朴な食事です。ご飯と味噌汁、魚、おしんこ、というイメージです。脂質が少ないです。この昔ながらの素朴な食事がなぜよいかというと、昔から日本人はこの食事に慣れ親しんできたからです。今や欧米化が進み脂質の多いものが食卓に並ぶようになりました。昔はアトピーが無かったというのも頷けます。

アトピーだとタンパク質が不足する

5要素の中でも特に注目したいのがタンパク質です。タンパク質は肌はもちろん爪や髪の毛、筋肉、などさまざまな体の部位の材料だからです。

アトピーの場合は、肌がぼろぼろこぼれ落ちたり、浸出液が出たり、四六時中、タンパク質を消費しています。肌の材料であるタンパク質が不足しがちで治るものも治らない状態です。ちなみに浸出液は、肌から出る透明から薄い黄色の汁のことで、この汁の中にもタンパク質を豊富に含んでいます。

広告

つまり、アトピーの人は、正常な肌の人よりも多くのタンパク質を必要としていてます。多く取る必要があるのです。一般的に、1日に必要なタンパク質は体重の2倍のグラム数が必要だと言われています。例えば、あなたが体重60kgだとしたら60×2=120で120グラムのタンパク質が必要だと計算できます。

タンパク質にアレルギーのある方は摂るのをお控えください。

しかし、タンパク質を1日に120グラムも取るのはかなりきついです。肉や魚や豆類で摂るにしても買い物して調理してそれだけの量を毎日摂り続けるのは大変です。

そこでおススメなのがプロテインです。ちなみに、プロテインはタンパク質のことです。よくボディービルダーが飲んでいるイメージの強いプロテインです。プロテインはボディービルダーだけが飲むのもではありません。プロテインが不足しているアトピーの人にも飲んでもらいたいものです。

広告

プロテインのメリットは、飲みやすいところです。水に溶かして飲んでおしまいです。さまざまな企業からプロテインが商品になっています。それぞれのタンパク質の品質に大きな違いは無いので、私はプロテインを味で選んでいます。

コメント